掲示板  日記帳  リンク 更新記録  メール   



天空の街 ペルーひとり旅   目次

最終回 いつか再会を まだ終わったとは認めたくない。旅先で出会った仲間といつか再会できる気がするからだ。
第28回 陰謀の夜 本当にチキンにされるかもしれない
第27回 ナスカの地上絵 わずか30分の飛行
第26回 ナスカの街へ 無人の峡を、ほぼ無人と化した俺の乗るバスだけが走っている。
第25回 変な夜 この砂漠の向こうにナスカの地上絵があるのだ。
第24回 不幸のズンドコ 気分は不幸のズンドコだった
第23回 別離の朝 クスコで出会った人、みんないい人ばかりだ
第22回 旅人たちの夜 街へ 街が輝いていた
第21回 旅人たちの夜 一夜限りの旅人の集いよ
第20回 クスコの街のすばらしさ 遠い地球の裏側に一人の友人がいるだけでもすばらしい
第19回 謎の車 「早く車から降りるんだ!」運転手が叫んだ。
第18回 クスコへの戻り方 この車、やっぱりやばそう
第17回 知らない街の夕暮れ 地球の裏側で温泉にはいったという事実を残すことにした。
第16回 さようなら マチュピチュ 私はこの光景を見るために、地球の裏側からやってきたのだ。
第15回 ここにマチュピチュがある 僕たちはただ黙ったままその存在を見つめた。
第14回 ワイナピチュ山の崖の上 息も絶え絶えとはこういうのを言うのだろう。
第13回 ワイナピチュ登山 俺の前にある稀有な遺跡は、霧に包まれている。
第12回 神聖な地を訪れた瞬間 神なるマチュピチュがそこにいる。
第11回 マチュピチュ村からバスで山頂へ 旅人の世界の奥の深さをMさんによって教えられた。
私もこんな旅人となりたい。
第10回 これで70時間くらい寝てないのに動く 二度と海外ひとり旅はすまい、次はツアーで悠々と旅をするのだ。
第9回 深夜のマチュピチュ村 独り そしてついに、ホームには誰もいなくなった。
第8回 深夜のオリャンタイタンボ 一体南米まで来て何をしてるんだろう。
第7回 美しきオリャタイタンボへの道を行く どうしても見たかった存在
第6回 クスコよ、美しき石畳の街よ こんなに美しい光景を私はかつて見たことがない。
第5回 リマの夜、そしてクスコへ わずか数時間の出会いでしたが、これまでお会いした多くの旅人の中でも、ものすごい刺激をいただきました。
第4回 リマの路上 自分が嫌いになった
第3回 いかにも南米の人と街 良い子は見てはいけない。
第2回 リマの街、初日で盗難事件 ない!
第1回 成田からヒューストン、そしてリマへ 少年期よりあこがれている場所だった
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO