掲示板  日記帳  リンク 更新記録  メール  

     その島は滅びず 無人島浪漫紀行  連続14回
 

意を決して旅立った無人島。そこはかつては多くの人でにぎわっていたが、いまや・・・・・。 興味本位でしかなかった私に多くのことを教えてくれた島に感謝する。










 
 最終回 あの島から今も歌声は響いている。

 第13回 What a wonderful world! 

 第12回 遅い時間ではないのに漆黒の帳がこの島だけは深夜だと主張していた。


 第11回 街灯があるはずもなく、各自の持っている懐中電灯が頼りだった。

 第10回 この色には醜悪さを感じる。

 第9回 私私の耳に遠き日の歌声が聴こえてきた。

 第8回 あの建物は特に私の琴線に触れている。

 第7回 炭坑が閉山したのは今からちょうど30年前の1月である。

 第6回 この島に来てから、私の目は二色しか見ていない 

 第5回 向こうから差し込む光が美しい。

 第4回  !!  

 第3回  すさまじい鉄骨とコンクリートの残骸山脈  

 第2回  「信じられない光景や・・」  

 第1回  私は一番前に立って、まだ見えないはずの無人島の影を探した。
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO