掲示板  日記帳  リンク 更新記録  メール    


      小豆島のお勧め宿                     


小豆島遍路も終わりました。
ってことで旅日記完結恒例、お勧め宿の紹介です。


 
宿の人が好きっす・・・・・・    ご飯がおいしかったっす・・

お風呂が良かったっす・・・    
              ログハウス グランシャリオ                                                    
 どうも写真の撮り方が下手で恐縮だが、とても趣の有るログハウスである。ただしバンガローではなく、建物全体がマシンカットの木の家である。

部屋も木の温もりにあふれ、実にきれいだ。

                                  そこに白衣を干すとこうなるが・・。  




何より素晴らしいのが料理である。



そのほとんどが新鮮な海の素材を使っている。
そしてそれを飽きないようにいろんな調理法方を用いている。
写真でも焼き魚、煮魚(これがまたもう、なんというか、いいのよ。)グラタン、鍋、刺身とバラエティ豊かなのだ。




         すずめのお宿 大国屋                                      
世界一狭い海峡(ギネス認定)の横にある。
ここに宿泊するとその海峡を渡った認定書がもらえる。
(結構うれしい)。


そしてここもやっぱり料理がおいしいのだ。
見よ!この豪華さ。
え?上の鍋の中が見たい??
これっす。やはり新鮮な魚のしゃぶしゃぶだった。


この段階でお気づきだろうが、小豆島の宿ではどうも食事にこだわってしまう。


                 
というのはがつかない宿がかなりあったのは事実なのだ。

                 
またがつく宿も実はあまりない。

                 
ましてやが着く宿は・・・・・・・実はひとつしかなかった。それがこれである。

                 
   旭屋旅館               

土庄港のすぐそばにある。

最初は何気なく立ち寄った土産物屋なのだが、遍路について親切に教えてくれた。
その時の従業員の接し方が魅力的で、それ以後二度お世話になった。
ご飯も行き届いた内容である。


これは2005年10月にお世話になったときの食事の写真。

 そして結願をした2006年7月の写真である。


部屋も実に清潔である。

何より、この宿のの心意気が大好きなのだ。

                                  

     トップページ  掲示板  日記帳  リンク 更新記録  メール

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO