俺の頭上で輝け!南十字星 

日本最南端への旅





 第15回 見たぞ、海底遺跡  
5日目。


朝8時半。僕らは起きた。
彼は寝ていた。
   


この写真を撮って20分後にはすでに僕らは海中にいた。
AKI氏はすでにダイビングに出かけ、KAZ氏と私は船中の人となっていた。
正確に言うとグラスボートである。

ここ与那国にはかの有名な海底遺跡があるのだ。
それをガラス越しに見られるのである。



よおし、みるで〜!
早く船よ、動け!

いすに座って意気揚々とスタンバイをしていたのだが・・・・・、


「えー、恐れ入ります。お客様に申し上げます。」
船内放送が入った。

個人のお客様に申し上げます。」



個人のお客様・・・・・?この表現に嫌な予感がした。



「本日はKツーリストのお客様がただいま乗船されました。
恐れ入りますが船内は大変混雑します」

またか!


でもいいだろう。混雑くらいなら許してたもうぞ。




「船内の海底見学は団体にお願いします。

船内のお客様は甲板にお出になってください。」




        

        ん

        じ

        ゃ
         、

        そ

        り

        ゃ

        あ

        ?
        ?


 
       







先に着いたほうを甲板に出して、後からついたほうを船内に入れるとは・・。

やはり世の中は金のあるところを中心に回るのだ。


さすがKツーリストの客。すなわち関西人。
ものすごい勢いで席取りをはじめた。
個人客の僕らは静かに甲板で景色を楽しむほかなかった。

こうしてみると与那国島は断崖絶壁の島だというのがよく分かる。

朝9時過ぎですでに日差しが強い。
風が心地よい。水しぶきが気持ちいい。

「いやあ、夏の船はいいっすね〜。」
「いや・・・・・、今冬っすよ・・。」


ようやく中に入れる。



そして、海底遺跡と対面である。


ううむ・・・。確かに人工物のようだ。






実に不思議だ。

これだけでは臨場感が沸かない?

では、お待たせしました。
      ↓
☆動画でご覧ください☆






こんな遺跡を見たのは初めてであり、ものすごく興奮した。


この遺跡を発見したのがこの船の現在の船長さんなのだという。

おお、その船長さんに会いたい!

と思ったらすぐそばにいらっしゃった。お願いをして記念写真を撮らせていただく。




この写真の後、海岸に出た。
昨日訪れたDr.コトー診療所のそばの海岸である。



すばらしい天気だ。
ぶっちゃけ暑い。


「暑いっすね。」

どちらともなくいった。


KAZ氏はすでにタンクトップだ。

しばらくねそべって昼寝。
















                         ZZZZZZZ








                       ZZZZZZZZZZ








                       ZZZZZZZZZ





            暑い!



「この暑さだと、
・・・・・できますよね。」

「うん・・・・・できますね。」
どちらともなくいった。



しかしだ。
いかに南の島といえど、
今は12月だぞ。



日本国内で
冬にそんなことをする人がいるとは思えない。




しばしあきらめて、再びお昼寝。











がば!




KAZ氏が起き上がった。
「やっぱ、いくんっすか?」






「行きます!


今しかできないっす!」



俺たちは、


次の瞬間!!!



                        つづく








     このお話の目次   



 

  掲示板

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO