俺の頭上で輝け!南十字星 

日本最南端への道





   第6回 拝啓 おカップル殿    
滝ので寝ころがった稀有な体験のあとは
やっぱり滝のに行きたかった。なんという安直な発想。


でもいってしまった。



滝つぼのそばから見上げる。

たぶん、さっきこのあたりに寝転がっていたんだろうな。
          ↓
            
あたらめてみるとやはり高い。
こうして私はピナイサーラの滝に別れを告げた。





またさっきの川に戻る。



西表島はそれほど大きな島ではないのだが、この写真をみると南米の大河のようにすら思えた。


こうして人生初のカヌー体験は終わった。
で、これが俺の悲惨な?カヌーを漕ぐ姿です。初の動画・・。




私は一気にジャングルへ。

  
山道を歩く。汗がだらだら出る。
耳元を蚊が飛ぶ。

暑い!

一瞬、真夏に遍路道を歩く感覚にとらわれたが、
よく考えたら今は12月なのだ。


なんでこんなところを歩いているのかというと・・・。



向こうのほうに見えてきたものがある。


ジャングルの中に飲み込まれつつあるレンガ造りの建物。


そばへ寄ってみる。
これがみたくてここまで来たのだ。

西表島に残された炭鉱跡。
このコントラストを感じたかった。大自然と古き時代の人の足跡。

競争をしているわけではないのだろうが、どうしても自然の力が強い気がしてしょうがないのだ。
                       
レンガ造りの建物が木の枝に取り込まれていく・・。


        
うんと奥の奥のほうまで遺跡が続いていた。




気づけば夕刻。
西表島での二日目が終わろうとしている。
げげ!?


時間よとまれ!




そしてもうひとつ気づいたことが・・。

今日は12月24日だった。

ということでいつものセリフ。







日本中のおカップルのみなさん、こんにちは。





そしてがくるのを心待ちにしておられることでしょう。

豪華レストランで豪華ディナーを食べ、豪華ワインを飲み、
豪華ホテルの豪華テレビで豪華番組を見て、
豪華お風呂に入り豪華トイレでおしっこをするんでしょうなあ、君もあなたも。



俺は



一人スーパーでオリオンビールと、泡盛の請福、そしてやけくそでチキンを買った。

これで一人でキャンプ場で食らうのだ。


お風呂は五右衛門風呂やし、


おしっこもポットン便所でするのだ。




そんなキャンプ場を目指し、俺はおんぼろバイクを走らせた。




すぐにテントには戻らず、そのまま海岸へ走った。


























豪華ホテルなんか知るか!


そう思わせる光景がそこには。


      このお話の目次   

    トップページ  掲示板  

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO